Adobe Apolloのパブリックアルファ版がリリース

Adobeの新技術「Apollo」のパブリックアルファ版がリリースされました。
昨年の発表以来、あまり情報が無くて数少ないデモを見てもピンと来なかったのですが、今日、実際にインストールしてサンプルアプリケーションをいじってみてやっと評価できました。
ファーストインプレッションとしてこれはかなり良いです。
アルファ版とはいえサンプルのアプリはサクサク動くし、落ちることもなく使えています。


個人的に、SaaS(Software as a Service)はWebブラウザのウィンドウ枠の中でしか動作しないのがイマイチだと思っていたので、Apolloによってデスクトップアプリ化できるのは大歓迎です。
機能的にも、サンプルのFinetuneを見る限りかなり高度なことも出来そう。
それとAjaxの場合、ブラウザの互換性の問題もあり検証が大変ですが、ApolloならXPとOS Xの2つのバージョンをテストするだけで良いので、その点でもコストメリットがありますね。
いずれにしてもインターネットを利用するデスクトップアプリケーションが比較的簡単に開発できることは大歓迎です。
あれやこれやマッシュアップがやりやすいですね。
さて、ではFlex Builder2を買うとするか。

Leave a comment

Your comment