W2CのCMS WGに参加してきました

日本ウェブ協会(W2C)のCMS WG (Working Group)の第1回ミーティングに参加してきました。
CMSベンダーの方を含め10人程度の参加メンバーが集まり、今後の運営方針やテーマについて議論されました。終了後に懇親会も予定されていましたが私は失礼させていただきました。(申し訳ありません)


私自身も含め、いろんな立場の方々がお集まりだったので、それぞれCMSのとらえ方や期待が異なるのが分かって面白かったですね。
個人的に、「CMS」という用語は範囲が広すぎると思っていますので、いろいろな角度から定義付けを行い分かりやすい分類できれば良いなと思っています。
というのもCMSと呼ばれる製品の提供する機能はまさに千差万別。目的のサイトにぴったりフィットした製品を探すのが大変だからです。実際に、構築後に「こんなはずじゃ無かった…」という失敗事例も少なからずあるはずです。
そういう悲劇が起こらないように、ユーザーにとっても事前に的確な判断ができるガイドライン的な情報をまとめられると良いと思っています。

Leave a comment

Your comment