Hollywood RecordsからCDVU+が登場するらしい

ITmediaの「Disney、コンテンツ付きCD「CDVU+」を導入」という記事より。
CDVU+という名称は初めて聞いたが、それもそのはずで、検索してみてもほとんどヒットしない。
CDフォーマットの規格ではなくてDisneyの商品名称なのでしょうか。

このアルバムはデジタルマガジンの形で提供され、50ページのインタラクティブデジタルパッケージ(印刷もダウンロードも可能)や歌詞、ビデオ、ジョナス・ブラザーズからの手紙、印刷可能な写真、Flickr.comおよびJonasBrothers.comへのリンクなどを含む。カスタマイズ可能なサイン入りポスターを作るツールや、CDVU+でしか利用できない独占コンテンツへの隠しリンクもあるという。

つまり、楽曲データの他に、いろんなデータやアプリが入っているわけですね。
Enhanced CDとか、ConnecteDとかありましたね。(遠い目)


まあ、実際に商品を見てみないと分かりませんが、単純に疑問に思うのは「何故今になってお皿にこだわるのか?」ということです。
もはや音楽をCDというパッケージ化されたメディアで販売するという手法は崩壊しているわけで、わざわざこういった新しい仕掛けを作っても、DVDをオマケに付ける行為とあまり変わらないように思います。
それと一番の障害は、こういうCDはパソコンに乗せないと何も使えない、ということです。
パソコンは、アップルが考えるように「ハブ」であって、そこで視聴するものではないと思いますから。
もうちょと詳しい情報が入ってきたらまた書きたいと思います。

Leave a comment

Your comment