FlashがH.264をサポート

AdobeがFlashでH.264をサポートすると発表しました。
Apple TVがYouTubeをサポートしたときに、どうも画質がきれいだと思ったらH.264でエンコードされたビデオだったわけですが、元々YouTubeはFLVを使っていましたので、YouTube側でせっせとH.264にトランスコードしているのでしょうね。
で、FlashがH.264をサポートしたということは、少なくとも配信テクノロジーとしてFlashから他のものに変えることなくH.264を使えることになるわけです。
これで、Flashのシェアも安泰ですが、エンコード技術としてH.264はデファクト確定ですね。

Leave a comment

Your comment