2009年のまとめと来年の展望:台風の目はやっぱりiPhoneとTwitter

今年も今日で終わり。
ずいぶんと間が空いてしまったブログですが、1年の終わりに際して今年を振り返りつつ2010年を予想してみたいと思います。

各ネットメディアやブログでも2009年のIT関連ニュースの総括がなされていますが、私の印象としてはやはり「iPhone」と「Twitter」に尽きると思います。

この2つは切っても切れない関係で、3年前にスタートしたTwitterが今年ブレークしたのはiPhone用アプリケーションが多数リリースされたことが最大の要因だと考えています。iPhoneもTwitterという第4のコミュニケーションプラットフォームを得ることによってその価値を高めたと思います。(「第4」というのは私が勝手にそう呼んでいるだけです。第1が電話、第2がメール、第3がSMS/MMS。)

インターネットの進化という軸でみると、この「iPhone + Twitter」という組み合わせによって、コミュニケーションが「リアルタイム化」した大きな転換点となった年だと思います。これまでブログやSNSで築かれたソーシャルグラフがダイナミズムを持ってきたことを体感するようになりました。

個人的には、SNS的なサービスとしてTwitterがキャズムを越えるのは難しいと思っていました(特に匿名主義の日本では)が、プラットフォームとして様々なサービスで使われるようになることは確実だと思います。(電車の遅延情報がTwitetr経由で送られてくるような使い方を指しています)

一方のiPhoneは、10万本(公称9万本)を越えるアプリケーションがリリースされ、これまでにない「高性能スマートフォン」という市場を自ら作り出し、拡大することに成功しました。この成長ぶりの異常さは様々な統計データが裏付けていますが、このモメンタムは2010年も続くと予想します。

年明け早々にGoogleが話題の「Google Phone」を発表するのがほぼ確実になってきていますが、これによってiPhoneの成長が減速することはないと予想しておきます。逆に高性能スマートフォンの市場が活性化し、ケータイからの移行が加速することでiPhoneにも良い影響が期待できるはずです。

日本市場でも、iPhoneは2009年後半からかなり売れてきているようです。実際、電車の中でも学生やOLのiPhoneユーザーを多く見かけるようになりました。ガラパゴスケータイが占拠する日本市場はiPhoneにとっても難しい市場であることは確かですが、それも2010年以降加速度的に変化してくるでしょう。

その理由の一つは、ゲーム端末としてのiPhoneです。
つまりDSやPSPがiPhoneに置き換えられる可能性が高いということです。
これらのポータブルデバイスは「ひまつぶし」のツールとして利用されているわけですから、一部のゲーマーを除けば暇がつぶれさえすれば何でも良いはず。
iPhoneはゲーム専用端末ではないので、十字キーが無いなどマイナス要素もありますが、強みは数万本に及ぶゲームアプリケーションです。品揃えの豊富さだけではなくその価格も大きな強みで、同じタイトルが遙かに安い価格で掲載されているのはデベロッパーにとっては微妙ですが、消費者にとっては大歓迎となるわけです。

それと、1月26日に大きめのiPhoneと言われる「iSlate」が登場するのではないかという噂が最高潮に達しています。登場するとしたら、iPod+電子ブックリーダーのような専用デバイスではないかと思いますが、もし本当だとしたら、Kindleが好調な電子ブック市場にAppleも参入してくるということになりとても興味深いです。

メディアプローブでも、昨年以来iPhone用「電子ブック」ソリューションの開発を続けていますが、Kindleに続く各社の活発な動きは予想以上でしたし、Appleの出方も気になります。

iPhoneの一番の難点はソフトバンクの回線とそのカバレッジですが、iPhone Loveの孫さん自身が「秘策がある」とつぶやいていますので、改善することを期待したいと思います。

HD化するネット動画配信

もう一つ、2009年でのトピックは動画配信のHD化とリアルタイム化だと思います。

私は90年代からマルチメディア(死語)に携わってきましたが、10月に開催された「U2 Live From The Rose Bowl」をYouTubeで見て驚愕しました。
地球の裏側で行われているコンサートの模様をハイビジョン品質で途切れることもなく送り続けられる技術の進化に感動すらしました。しかもこのライブは、全世界で1000万人以上の人々が同時に視聴していたのです。

YouTubeは今年になってHD画質のサポートを開始しましたが、HDとSD(標準画質)ではそのビットレートが数倍も違います。各国のネットインフラは大丈夫なのかと心配になってきますが、低画質だけど楽しめるというYouTubeの認知を打ち破るチャレンジだと思います。

今回のライブも、てっきりYouTubeを買収したGoogleが何か新しいキャッシュ技術を開発したのかと思いましたが、このライブで使われたのはAkamaiのCDN(Contents Delivery Network)だったようです。(そうなると単純に払った金額の問題なのか)
それにしても、インターネットというインフラによってテレビを越えるサービスが可能になったということを証明したエポックメーキングなイベントでした。

身近なところでは、セミナーや飲み会の風景までUstreamを使って「だだ漏れ」させるライブ中継が流行りました。これもTwitterとの連携で会場に行かなくても参加感覚を得られるという新しいフォーマットとなった感があります。
個人的にはセミナーなどをだだ漏れするというのは「ここだけの話」が聞けなくなる可能性があるので気になる側面もありますが、遠隔教育などへの応用を考えるとどんどん進化しそうな分野だと思います。

個人的に動画技術は好きな分野なので、弊社でも、来年はこういった流れに乗ったサービスを提供してみたいと思います。もちろんインフラ側ではなくクライアント側で。

クラウド化とCMS

弊社のビジネスの中核の一つであるCMSについては、今年は「百花繚乱」だったと言えます。商用CMSからOSSまで多くのCMSが新たに登場してきました。
数年前からトレンドとなっていたCMS導入は、それほど加速しないままリーマンショックで停止していた感があります。

Web業界は今年後半から息を吹き返してきましたが、CMS導入の目的としてこれまで以上にコスト削減が重要視されてきたようです。コスト削減を目的としたCMS導入はあまりうまくいかないとよく言われますが、リーマンショックの影響で各社がWebの運用コストを削減したため人手が減り、その埋め合わせをCMSに求めているのかも知れません。

IT全体でみるとクラウドコンピューティングが話題になっていますが、企業としてはこれもコスト削減の特効薬として見ているようです。

この不況下ではコスト削減を外して考えるのは難しいと思いますので、弊社でお手伝いさせていただく案件では、コストを削減しつつ、CMS導入を目的に終わらせるのではなく、最大限に効果を発揮できる仕組みを作っていけるようソリューションの幅を広げていきたいと考えています。

いつものようにまとまりのないエントリーになりましたが、来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。

Leave a comment

Your comment