Mac OS X 10.7 Lion:雑感

ついにリリースされたMac OS Xのメジャーバージョンアップ、OS X 10.7 Lionを使ってみたので雑感を。

mac-osx-lion_101020-02

◎良い点:
FinderなどOS全体:全体にきびきび動く。
Mail:UIに大幅に手が入り、スレッド表示は格段に使いやすくなった。
AirDrop:P2Pのファイル送受信方法としては画期的に使いやすい。

□微妙な機能:
LaunchPad:Dockを上回る利点が見いだせない。K-12では良いかも。しかし、タッチパネルにならない限りMacには不要ではないか。
Mission Control:ExposeとSpacesを合体して整理されているがそれほど使い勝手は変わらない。
マルチタッチジェスチャー:3本以上の操作は難しい場合も。トラックパッドを搭載したMacBook系では新しい操作性を楽しめるが、Magic MouseやMagic Trackpadではハードの設計も含めて操作性はそれほど良くない。

フルスクリーンアプリケーション:iPhotoなど画像を一覧するのには最適だが、メールやブラウザなど文字ベースのアプリはレイアウトが間延びして不向き。
AutoSave/バージョン:画期的だが、メリットを享受するにはアプリの対応待ち。

▲注意するポイント:
Rosettaが省かれたのでPowerPCアプリが動作しない。
プリンタードライバーのインストーラーが動かないことがあるので要注意。
・AFPの仕様が変わったのでNASにつながらなくなった。
NASのファームウェアアップデートが必要な模様。なので古いNASでは望み薄。

【追記】
・Safari 5.1ではプラグインの仕様が変わったのでAcrobatやEvernoteなど動作しないプラグインが多い。Snow Leopardでもバージョンアップは慎重に。

という状況なので、ビジネスでの導入は慎重な判断が必要かもしれませんが、全体に互換性は高いので導入のハードルは低そうです。
iLifeやネットの利用が中心の個人ユースなら即インストールして新世代のOSを楽しんでみてはどうでしょうか。

個人的には、同時にリリースされたLion標準インストールのMacBook Air 13インチをメインマシンとするべく購入しました。
こちらも後日、レポートしたいと思います。

Leave a comment

Your comment