Googleカレンダーで悩まされていた問題が解決

ずっとGoogleカレンダーの謎の現象に悩まされていましたが、rakumoサポートさん(Google Apps for Workの代理店)の協力で解決したのでメモがてら書いておきます。

困っていたのは、弊社のメールなどで利用しているGoogle Apps for Business(今はGoogle Apps for Workに改名)で、社員(同僚)とカレンダーを共有しようとすると、自分の「マイカレンダー」に登録されてしまうというもの。

それ自体は「自分が『特権管理者』の場合は全てのユーザーが『マイカレンダー』に登録される」という「仕様」だそうです。

不思議だったのは、一部の社員は「他のカレンダー」に追加されているので、何故この差異が発生するのかがずっと謎でしたが、rakumoさん経由でGoogleに問い合わせてもらったところ下記の回答が得られました。

以下 2 通りの場合、特権管理者アカウントであっても、
「他のカレンダー」に表示される仕様でございます。

[ 例 1 ]
特権管理者権限を付与していないアカウント ( ユーザー A )にて、同僚のカレンダー(ユーザー B のカレンダー)を追加

ユーザー A アカウント上では、ユーザー B のカレンダーは「他のカレンダー」に表示される

ユーザー A アカウントに特権管理者権限を付与

ユーザーA のアカウント上では、ユーザー B のカレンダーは、「他のカレンダー」に表示された状態を維持

[ 例 2 ]
特権管理者権限を付与してから、24 時間が経っていないアカウントにて
カレンダーを追加された場合でも、「他のカレンダー」に表示される可能性がございます。
(管理コンソールでの反映が十分でないため)

例2の回答でやっと原因が分かりました。
Google Appsにアカウントを自分で新規開設すると、同時に特権管理者となります。その場でスタッフの登録を行うと、24時間を経過していないので「他のカレンダー」に登録されたという訳です。
これって普通によくありそうなケースですよね?

解決策としては、一旦、別の管理者用アカウントを作成し、そちらに特権管理者を移します。
自分を一般ユーザーにして24時間待ちます。(ここ大事)
そして、同僚を登録するとめでたく「他のカレンダー」に登録されます。

解決に時間が掛かったのは単に問い合わせていなかったから、ということになりますが、Googleさんて窓口が公開されてませんよね?グローバルなネット企業って問い合わせられないという先入観があるので窓口を探さなかったのですが、「そういえばrakumoさんが代理店だった」ということに気づき、サポートの方に問い合わせた次第です。
こういうとき代理店制度って助かりますね。

それにしても、この仕様。SaaSならではのものですが、分かりにくいですよね。
今やGoogleのサービスはなくてはならないものになってますが、Gmailも含めてUIに癖があり分かりにくいことがあります。スマホアプリと違ってあまり改善がされないように思いますが、どんどんブラッシュアップして欲しいですね。

Leave a comment

Your comment